TOP

ペット保険の種類

ペット保険に加入したいけどどのような種類があるのか知らない人が多いです。

ペット保険には大きくわけて2種類あり損害保険会社と少額短期保険会社があります。
損害保険会社で扱っている保険は保障してくれる金額が大きいですが、毎月支払う掛け金の負担も大きくなります。

少額短期保険会社は少額・短期の保険の引受けのみを行う事業でペット保険を扱う少額短期保険会社もあります。

注意しなければいけないのが少額短期保険は損害保険契約者機構の対象外となっていることが圧倒的に多いので、もし会社が経営破たんしてしまったら契約がが途中でも終了してしまう可能性が高くなってしまう可能性があります。
しかし滅多なことでは破綻しませんし、手軽に加入できるペット保険として少額短期保険はとても人気があります。

保障内容も掛け金も異なってきますので、自分のペットにどれだけの治療をしてあげることができるか、飼い主の経済的な負担も考えて保険会社を選ぶようにしましょう。

そして保障割合を必ずチェックするようにしてください。
それぞれの保険会社で保障してくれる割合が異なっています。
かかった診療費に対して何%が保障されるのかを比較してなるべく高い保障をしてくれるペット保険を選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ戻る